« 18/06/12 | トップページ | 18/06/14 »

18/06/13

雲間で紅茶を飲み比べる会に参加。
紅茶は渋味も評価されるものだが、中国茶を愛飲する人
には強く感じられるようだった。
また淹れ方の違い(イギリス式vs工夫式)はカップの大きさ
の違いでもあり、香味が違って感じる。
夜~台北・茗心坊「蜜香紅茶」
   桃園・福寿山製茶廠「拉拉山紅茶」
   日月譚・達磨紅茶「紅玉紅茶」
   台北・Thé Beaut
é「Darjeeling Turzum 2nd Flush Himalayan Mystic」
   「ダージリン2018年1stマーガレットホープ」
   「シッキム・テミFTGFOP1」

 拉拉山はすっきり味に紫葡萄のような酸味。
 紅玉は台18号の通名。ウバ似の香りだが渋くない。
 Turzum(サングマ)は工夫式とイギリス式両方で味わう。
 2nd特徴のマスカテルフレーバーはマスカット畑の下を
 歩いた時に感じるような香りだそう。
 今年の1stは昨年2ndを摘めなかった影響で高騰、品質も
 例年と違うことを確認。剪定は大事だと思った。
 シッキムテミは華やかでハーバルな香りとすっきりしながら
 味わい深く、きれ感ある。

« 18/06/12 | トップページ | 18/06/14 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/502222/73680064

この記事へのトラックバック一覧です: 18/06/13:

« 18/06/12 | トップページ | 18/06/14 »